スポーツによるケガや不調は、群馬県前橋市のフォレスト整形外科スポーツクリニック(フォレスポ)へお気軽にご相談ください。

交通事故によるけが 外傷・障害への対応

事故によるけがや治療、生涯への対応について

交通事故の治療について

当院では交通事故後のケガ、痛みに対しての治療も施行しております。


初診から治療の流れ

受診前

交通事故でのケガ、痛みに対しては通常事故の相手(加害者)の任意保険で治療費を支払ってもらう方法が一般的です。 相手の保険会社と連絡を取っている場合は、まず保険会社に連絡して当院で治療する旨をお伝えください。 その後相手の保険会社から当院へ連絡が来た場合は患者さんの窓口負担がなくなります。
 
保険会社からの連絡が入るまでは、預り金1万円が必要になります。 また過失割合、相手側との話し合いにより交通事故で健康保険証を使用する場合は、健康保険証に記載されている保険者に届け出が必要です。(この場合は受付窓口にて説明します。)

受診時

受付したのち、痛みの部位を確認し 必要な部位のレントゲン検査を施行します。 その後痛みのある部位の状態、神経学的異常の有無等を確認します。

診察後

機器による物理療法を開始します。

お薬の処方・診断書

内服薬・外用薬が必要な場合は処方します。警察への診断書が必要な場合は受付でお伝えください。

MRI検査の施行について

手足にしびれがある場合、もしくは1週間程度経過しても頸部や腰部の痛みが強い場合は、MRI検査を施行します。 MRI検査の目的は、外傷による変化の有無を確認すること、年齢的な変性の状態を確認することです。
 
また、痛みが長引きそうな場合は理学療法士によるリハビリテーション指導、柔道整復師によるマッサージを併用します。 このように当院では機器よる物理療法理学療法士による運動療法、 柔道整復師によるマッサージ療法を組み合わせて治療を施行します。
注意:当院では交通事故治療においては接骨院との並診(接骨院に通いながら月に一度程度状態だけ確認に通院する等)をお断りしております。


PAGE TOP