スポーツによるケガや不調は、群馬県前橋市のフォレスト整形外科スポーツクリニック(フォレスポ)へお気軽にご相談ください。

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション科は、歩行練習用階段・姿勢矯正鏡、平行棒、エアロバイク、トレッドミルなどの設備を備える理学療法スペースと、 超音波骨折治療器、マイクロ波治療器、低周波治療器、水圧マッサージ器などの設備からなる物理療法スペースとに分かれています。 ケガや障害によって競技から離れている選手や、日常生活に支障をきたしている方一人ひとりの悩みや希望にあわせ、対応してまいります。

トレーニング用具

バランスボール

バランスボール 人間の身体は左右対称ではありません。そのため多くの人が知らない間に、肩の高さや脚の長さを変えるなどして身体をゆがませて生活しています。 慢性的な障害や理由がはっきりしない痛みは、このような事が原因で起こっていると考えられます。バランスボールは、平衡感覚を身につけてゆがみを整える効果が期待できます。

Bose

Bose
Bose

バランスボールが半球状になり、球面・ボード面の両面が使用できる道具です。そのため多種多様なトレーニングが可能となります。

関節周囲の筋力、柔軟性、反応性を高める総合的なトレーニングに効果的です。この上でバランスをとることで、身体のインナーマッスルを鍛えることもできます。


ラダートレーニング

ラダートレーニング
ラダートレーニング

機敏な動きを求められるスポーツ選手はもちろんですが、一般の方であってもラダートレーニングを行うことで、楽しみながら身体の機能を高めることができます。 俊敏性や機敏性の他にも、多くの筋を連動して働かせる能力を、高めることができるトレーニングです。


ウォーターバッグ

ウォーターバッグ 水の入ったバッグを持ちトレーニングを行うことで、下肢・体幹筋力の強化が行えます。 バッグの中の水が動くため、特に体幹の強化に適しています。主にスポーツ選手におけるアスレティックリハビリテーションの一つとして使用します。

フィットネスバンド

フィットネスバンド
フィットネスバンド

一般的なゴムバンドよりも厚みがあります。それにより、ストレッチだけでなく、弾性を利用した筋力トレーニングも行うことができます。 トレーニングの種類や患者さんの筋力に合わせて、バンドの厚みを選択し、負荷量を調節して行います。 ラグビー代表チームでも用いられているトレーニング道具です。


ディジョックボード

ディジョックボード
ディジョックボード

DYJOC(dynamic joint control training)とは、日本語で動的関節制御訓練を意味します。 関節や筋、健に存在する動きを感知する部分の働きを活性化させ、主に下肢における筋肉・関節の協調性を改善します。


リハビリテーション科 概要

当院では、ケガや慢性障害により様々な局面で支障・制限を感じている方々の復帰に向けて運動療法や物理療法を提案し治療にあたります。 約130帖の広さを持つリハビリ室をもち、物理療法の器具も充実しております。 特に県内初導入の酸素注入治療器や圧力波療法治療器は即時的な効果を実感していただいております。

理学療法設備

当院のリハビリテーション科における理学療法設備のご紹介です。 歩行練習用階段・姿勢矯正鏡、平行棒、エアロバイク、トレッドミルなどの設備を整えております。

物理療法設備

物理療法設備のご紹介です。オステロトロン、超音波骨折治療器、マイクロ波治療器、低周波治療器、水圧マッサージ器などの設備をご用意しております。

トレーニング用具

トレーニング用具のご紹介です。ケガや障害によりスポーツを休止している選手や、日常生活に支障をきたしている方の復帰へのお手伝いをさせていただきます。

インソール補正

日常生活での歩行やスポーツ活動により、足の裏や足首の機能が安定しない状態が続くと炎症や慢性的な障害に発展する可能性があります。 これに対して有効なのがインソール補正です。

テーピング指導

ケガの予防・再発予防・応急処置を目的として、関節・靭帯・筋肉・腱などを保護するように、専用のテープを身体に貼ることをテーピングと呼びます。 対象となるケガは、主に、足首の捻挫・手首の捻挫・突き指・肉離れ・膝の靭帯損傷・肩の脱臼・打撲などです。



PAGE TOP